生産の維持

生産の維持

このサービスの目的は、油田からのオイルとガス生産の維持に必要なあらゆる活動を、高度な能力を備えたスタッフがお客様にとって効率的かつ採算性の上がる形で材料、機材を用いて実施することです。CESIGSA The Energy Company が作り上げた相互便宜のセットサービス (mutual convenience combo services MCC)の推進を通じて行われます。その基本的な特質は、油井ごとに割り当てられた生産量の維持をお客様に保証することに向けたサービスモデルの提供にあり、この種のサービスの構成はダイナミックであるため様々な活動を通じて行われます。これにより、生産システムの運転を確実に継続することができ、相互関係のあるオペレーションをプログラムしたシーケンスによる最適化がなされ、また生産の持ち越しを最小限にする形で、即時のリスポンス、油井のポテンシャルに応じた合理的な採掘責任、「日/油井/生産」での評価、支払いによる生産責務の共有をもって炭化水素資源の採掘がなされます。専門的技術のエンジニアリングのアプリケーションとソフトウェアを備えたPIPPS®(油田生産性システム化総合プロセス)を利用し、炭化水素資源開発の最適化、油井の使用年数の延長、鉱区に埋蔵されるオイルとガスの回収量の最大化を図ります。このプロセスは、「鉱区−油井−地表の総合システム」の分析と診断に基づいて行われます。油井に重点的な注意を払うことに根ざし、可能な限り最小限のコストで最大の生産量を得られるような中短期的な即時のアクションを実施致します。そこで考慮する内容は以下の通りです。

  • 一年中365日24時間体制での油井及び設備の監督

  • 生産の人工システムの最適化,

  • 油井の二相・三相測定

  • 底及び表面に関する情報の取得と診断

  • 油井及び設備の運転条件にかかわる諸項目の調整

  • 生産の人工システムの操作とメンテナンス

  • 動的設備のオペレーションとメンテナンス並びに計装

  • リアルタイムでのモニタリング

  • 人工システムの変更

  • 小規模修繕

  • エンジニアリング及び設計

  • 油井の生産パフォーマンスを改善する化学品の注入

  • 油井のメカステータスの作成と更新

  • 油井口でのタンクのオペレーションとメンテナンス

  • 窒素誘導及びディーゼルまたは特別な流体による直接循環及び逆循環

  • 生産の人工システム改善に向けた特別オペレーション

オイルとガスの生産量の維持に焦点を当てた総合的サービスは、ターンキー・サービスであり、お客様のオペレーション上の必要条件に最良の形で適合させるのに必要な改造を行っていただくことができます

CESIGSA The Energy Companyは、こうしたサービスを提供するために、書類とフィールド両方の情報調査・分析に基づく診断を提示し、お客様のニーズに最も良く合うプロポーザルを確実に提示できるように致します。これは、お客様の油田で優れた品質のオイルとガスを環境に配慮しつつ採掘し、収益性を保証する手段です。